明治維新を経て劇的な変化が!

日本の夜明けは近いぜよ?侍たちは一体どこに!?

明治維新、と一言で表されるこの劇的な革命に一体どれほどの人間が命をかけた事でしょう。そしていざ明治維新がなされた後、当の侍たちはというと「四民平等」の元に一人もいなくなってしまいました。いなくなったというよりは、政府によって侍がなくなってしまったといった方が正しいでしょう。それに伴い、今まで日本を治めてきた武家政権も無くなってしまいました。鎌倉時代から江戸時代まで続いた日本の流れが大きく変わり、日本は確実に西洋の文化を取り入れ全く新しい国に生まれ変わっていったのです。
そしてそれまでの幕藩制度も撤廃され、中央集権の体制へと変わりました。つまり、今の東京を見れば明治維新の名残をこの現代でも感じることができます。

ざんぎり頭を叩けばなんて、一般の人々はどう変わった!?

「ざんぎり頭を叩いてみれば、文明開化の音がする」なんて有名なフレーズ、聞いたことがある人もたくさんいると思います。この言葉が表している通り一般の人々の生活も大きく変わります。何百年と続いた幕府が無くなって、世の中の制度がほとんど変わってしまったのですから当然といえば当然ですね。
街では西洋のファッションに身を包み、ざんぎり頭で歩く人が大勢いたそうです。ですが全員が全員そうかと言えばそうではなく、今までの日本の服に西洋のファッションを一部分だけ取り入れたりと、独特の和洋折衷ファッションに身を包む人も多かったらしいです。その姿はまさしく広く人々を変えた何よりの証拠でしょう。あえて名前をつけるなら「明治維新ファッション」といえるかもしれません。